行動指針

Posted on by

円安による燃料値上げが寒冷地のわたしたちの暮らしを直撃しています。
今年の新米が去年の古米より安い農政など、我国の食糧安全保障を破壊しながら外国で戦争することが進められています。
社民党はそれらを許さず、「いのちとみどり」分野に重点投資する産業の創出で、地方経済の底力を強化し、景気回復を図ります。
所得税と法人税を97年ベースに戻す財源確保で、消費税増税を止めます。
伊藤美代子はそうした社民党政策の中から、市政続投に向け、以下4つの行動指針を掲げます。

未来の世代につながるふるさとづくり
・地域で暮らし続けられる雇用の場を増やします。
・地域公共交通の維持・確保に努め、地域活性化を図ります。
・豊かな自然環境を守り整備し、循環型社会をつくり次の世代に伝えます。

誰もがいきいきと暮らし、長生きできる市政へ
・住み慣れたまちで、安心の医療・高齢者も安心の介護・セーフティーネットづくりを進めます。
・教育から就労まで、貧困な環境に置かれたこどもと若者・障がい者の支援を充実します。

子育て・教育をしっかり支援
・ワークライフバランスを推進し、家族や地域が協力して子育てができる環境を整備します。
・中高生のための「放課後の居場所」づくりを推進し、集まった中高生の地域コミュニ ティへの参加を支援します。

平和で安心して暮らせるまちづくり
・平和憲法を守り活かし、いのちを大切にする県政を進めます。
・再生可能エネルギーを活用し、環境にやさしい省エネ社会をつくります。

くらしの声を市政につなぎます。

秋田田植 校舎
山形四ヶ村東北観光振興協会 アテルイ・モレの碑
平和憲法を守れ石田寛風車小水力長野140kw

 ©東北観光振興協会